メインイメージ画像

しっかりとチェックして情報ゲットしましょう!

各家庭で取引のある銀行での教育ローンを考え中のお母様も多数いるのではないかと思います。ここでは、日本政策金融公庫の教育ローンとの相違点について考えてみましょう。融資金額は国の教育ローンがお子様一人単位350万円と上限があるのと異なり、銀行は各銀行次第で設定金額がそれぞれです。申し込みにおいても国の教育ローンが条件があるのに対して、銀行は安定した収入がある点だけの規制です。依頼から結果までの間も、銀行の方が短く、迅速な応対のようです。申し込み後の辞退も大丈夫なので2つ申し込むのも手段でしょう。

銀行の教育ローンは所得上限が設定していないので、国の教育ローンよりも借りやすいかもしれません。

教育ローンは農業協同組合でも扱いを行っているのです。JAとは言いますが農業をする方のみが、利用する機関ではなく、農業をしない方ももちろん口座を開くこともOKです。本単元では、農協の教育ローンを利用した人の体験談を紹介しましょう。「多くの金融機関での教育ローンを比較検討していた時、農協の教育ローンを知らされました。

正直、あまり知らず、職業が農業でなくても利用可能だとは知りませんでした。それそれ支店で違うと思いますが、私が借りた支店はキャンペーン期間内で金利もとても低めでした。一番の決めては、営業の方が幾度も自宅まで来てくれ、話を聞いてくれ、理解できるまで解説してくれたことです。」担当の人の接客態度も鍵になってくるでしょう。